独学で宅建合格を目指す方の注意点

一般的に独学の学習のデメリットは、学習が分からなくなる事と言われています。

独学で学習する場合、テキストだけで、知識を理解しなければいけないので、 読解力が必要になり、多くの方が理解出来ません。
また、市販のテキストというのは学校に通学する宣伝を目的として書いているので、 内容の濃い情報はなく、ページ数の問題で書けることに限界があります。
そして、何より、文章では伝えられないことも沢山あります。

次にわからない事を教えてくれる人がいないので、 解決方法がなく、学習が嫌になり挫折していきます。

そうした事が独学のデメリットだと言われています。

しかし、もっと本質的な事を言えば、独学の一番のデメリットは、 時間がかかるという事なのです。

結局のところ、宅建に挫折する多くの方は、時間が必要になるからです。
時間が必要になれば、自分のやりたい事やストレス解消の時間を全て 学習に費やさなければいけないので、それが嫌になるのです。
しかも、宅建を受験する多くの方は、社会人なので、余計に時間がありませんし、 仕事のストレスや付き合いで学習する気力もなくなります。
そうした中で、学習を続けるのは容易なことではないのです。

それにも関わらず、多くの方は、一番大変な独学を選んでしまいます。
理由は色々ありますが、一番は本気で合格しようとしていなからです。

本気で合格しようと思えば、多少お金がかかっても通信講座や通学講座を受講するはずですし、 仮にお金がなかったとしても、節約して貯金することも出来ます。

もちろん、独学で学習からといっても本気でないというわけではありません。
中には学生時代から学習が出来て、独学で学習する方が効果的な方がいます。

しかし、多くの方はそうではありません。
勉強から離れてしばらく立ち、学生時代それほど勉強が得意でない方ばかります。

そうした方が独学で合格するためには、強い決意が必要です。
ただ、多くの方は資格取得が一番ではないので、他の事を犠牲にしてまで 学習する決意は中々もてません。

ですから、多少お金を使い通信講座を受講するのが良いのです。


>>有利な就職・転職のために
>>宅建を勉強するなら、通信講座のフォーサイト