宅建の年収ってどのくらい?

良く、宅建の資格を取得したら、いくらくらい年収を稼げますかという質問をされますが、 そもそも宅建に年収という概念はありません。

宅建と言うのは、企業に就職する資格なので、 稼げる年収は、その企業によってまちまちです。
500万円という企業もありますし、300万円という企業もあります。
また、社歴や役職、実績などによっても年収は異なります。

宅建はあくまでも何処かの企業に雇われ、その企業のルールに則った条件で仕事をする 一般の会社員と同じなので、特別ではないのです。
中には、資格手当てを支給する企業もありますが、金額はそれほど高くないので、 さほど年収に影響しないと思います。
そうした状況でも人より多くの年収を稼ぎたいのなら、その企業内のルールで実績を出すか、 自分で独立して仕事をするしかありません。

ただ、企業に就職した場合、どんなに実績を上げても、稼げる額は知れていてあなたの思うような年収になる事は難しくなります。
それだったら独立して仕事をする方が現実的です。

宅建で独立する場合、不動産やマンションなどの仲介になると思います。
それらのような商売は、土地や物件を持つ必要がないので、 実はそれほど初期投資は必要ありません。

また、仲介料も決して安くない、不動産・物件の売買なら 取引金額の3%プラス6万円がもらえます。
一見たいした額に感じないと思いますが、数千万円の取引額になるので、 自分の手元に残る額は大きくなります。

もちろん、そのためには人脈や経験が必要になりますが、 それは会社員として経験を積んでいけばいずれ身に付いてきます。

しかし、実際に独立できる方は、一部の人だけなので、 安易におすすめする事はできません。

ただ、独立は大変ではありますが、あなたが思っているより ハードルが高くないと覚えておいて下さい。


>>有利な就職・転職のために
>>宅建を勉強するなら、通信講座のフォーサイト