宅建の活かし方

これは宅建に限らず、全ての資格に言えることですが、資格を取得しただけで満足したり、 成功できたりすると思っている方がいます。

しかし、資格と言うのは、あくまでもその仕事を出来る権利を得たり、就職に有利になったりするだけで、最終的にはあなた自身の力が必要になります。

例えば、あなたが宅建の資格を取得してある企業に就職できたとします。
就職できる事は本当に素晴しい事でもありますし、将来への希望にも繋がります。

しかし、いくら就職できたとしても、あなたが会社でしっかりと実績を残さなければ、 減給されることもありますし、リストラされることもあります。

今はどの企業も非常に厳しいので、個人の力が求められます。
特に中小企業になるとその傾向が強く、自分自身を高めていかなくては淘汰されてしまいます。

少なくても、企業に養ってもうらとか、たいした実績もないのに給料ばかり会社に求めているようなら、あなたの将来はありません。

つまり、宅建という資格は、あなたにチャンスを与えてくれるだけで、 そのチャンスを掴むためには、あなた自身の力が必要になってくるのです。
その考えが出来ない人は、この先生き残って行く事はできませんし、 自分の求める生活をする事も出来ません。
本当に重要なのは、資格を取得してからのです。

それでは具体的にどうするかと言う事になりますが、 努力の仕方は、それぞれの働き方や就職先の企業によって異なるので、一概に言えませんが、 一番わかりやすいのは、宅建を取得した後も他の資格取得の学習をする事です。

誤解しないで欲しいのは、資格マニアになれといっているわけではありません。
常に自分を高めることを意識しながら、生活をしてほしいと言うことです。
その最も分かり易いのは、資格取得というだけです。

もちろん、資格取得が全てではありませんし、資格の価値を高めるのはあなた自身です。
中には、今は資格の価値がないという人もいます。

しかし、少なくても資格取得を目指す事で、自分を高める事の意識付けが出来ます。
その意識付けが出来れば、どんな仕事をしても、結果を出し続ける事が出来るはずです。

資格取得で本当に重要なのは、実はそうした事なのです。


>>有利な就職・転職のために
>>宅建を勉強するなら、通信講座のフォーサイト