宅建のインプットとアウトプット、勉強中の比率

宅建の受験者は、インプットとアウトプットを要領よく演習して、試験日を迎える必要があります。

インプットとアウトプットを勉強期間中通して、絶えず繰り返すことが宅建の勉強の基本です。では、受験勉強の最初から、インプットとアウトプットを同じくらいずつやるようにしたほうが正しいでしょうか? 

これは難しいのですが、宅建の試験期間の前半は、インプットを中心にしてもよいでしょう。ただしひたすらインプットばかりにしてしまうのもおそらくアンバランスです。インプットの合間にアウトプットを少しやるようにしてはいかがでしょうか。そして、だんだんとアウトプットの比率を上げていくとよいでしょう。

たとえば、試験日まで半年くらい勉強時間が手に入るとしたら、前半の3ヶ月間はインプットを中心に据えて、試験の全範囲の知識を頭に叩き込むことを優先しましょう。しかし少しずつアウトプットをやるようにするのです。3ヶ月が終わるころには、インプットとアウトプットの割合が等分に近づくようにすると、よいのではないかと思われます。

その後の後半の3ヶ月は、アウトプットを中心にしたほうがよいでしょう。宅建試験日が近づくのですから、アウトプットの強化は必須となります。よく覚え切れていない内容については、もちろんインプットを引き続き繰り返す必要がありますから、そのへんは受験者ひとりひとりが臨機応変に決めて構いません。

>>有利な就職・転職のために
>>宅建を勉強するなら、通信講座のフォーサイト