宅建に受かると、女性や主婦がどれくらい就職できるのかを語る

宅建の資格試験は、どんな人でも受験できますし、当然女性でも何のハンデもなく受験できます。
ところで、これまでのところ、宅建の世界では女性は今でも少数派といっていいくらいの人数しか受けていません。当然、女性の合格者も就職者も多くは誕生していません。
しかしそれは、冷静になって考えてみるともったいないことでしょう。宅建は、女性に積極的に推薦できるような資格だからです。大げさですが、「魔法の資格」なんていってもいいかもしれません。

宅建の資格は、不動産関係の法知識を活用しながら、不動産売買の手続きを行うためのもの。
つまり、必要なものは知識や法制度を利用するための頭脳です。それから、コミュニケーション能力でしょう。腕力や筋力に依存する職業ではありませんから、もともと男女差は関係がないのです。

それにもかかわらず、昔の女性も最近の女性も、あまり宅建による就職を目指そうとしてこなかったわけです。しかし不動産会社の仕事を間近で観察すると、就職後の女性がいつまでも活躍しやすい世界だとわかるはずです。
たとえば、不動産の営業や渉外のような仕事をしている人たちを見られるところといえば、もちろん不動産会社の窓口等(賃貸のみの現場は除外)ですね。こうしたところには女性はありふれた存在ではないでしょうか。特に、マンションギャラリーなんかはいいサンプルになりますね。現在、マンションや戸建て住宅等のモデルルームに行きますと、女性の担当者が出迎えてくれることはまったく珍しくありません。その中には、宅建を保持している人が男女共通で、けっこう混ざっているのです。もちろん、年齢は関係ありませんから、若い女性も年配の女性も、同じように活躍しています。
こうした事実からわかることは、宅建は女性におすすめの資格のひとつですし、主婦が職場復帰を狙うに当たって、活用することも可能なのです。

宅建は女性の就職やライフスタイルが抱えるいろいろな条件ともよくなじみます。宅建を使って就職して、どんどん女性ならではのキャリアライフを開拓していただきたいものですね。


>>有利な就職・転職のために
>>宅建を勉強するなら、通信講座のフォーサイト