宅建と就職の現状

宅建は国家資格の中で最も受験数が多い、日本で一番有名な国家資格と言えます。
そして、その宅建を受験する理由の一つが就職に強いと思われているからです。

確かに宅建は歴史がある国家資格として、ある一定のブランドがあり、 日本で不動産関係の就業者は多いので、魅力的な資格に感じる人は多いと思います。
かつての正式名称は「宅地建物取引主任者」でしたが、現在では「宅地建物取引士」となり、ステータスはさらに向上しました。
実際に不動産関係の会社に就職する場合、宅建を持っているだけで有利だと言われております。

しかし、果たして本当にそうなのでしょうか?

宅建は、受験者が多く人気が高い反面、その分合格者も多くなります。
もちろん、合格率は低く、誰でも合格できる試験ではありませんが、 それでも合格者は毎年3万人くらいいます。
その上、宅建は新しい資格ではなく、50年以上前からある歴史のある資格で、 合格者も沢山います。
つまり、需要が飽和しているとも言えるのです。

ただ、冒頭でも説明したようにそれでも毎年多くの受験者がいる事実もあります。

そこで、このサイトでは、宅建は本当に就職に強いのか?
宅建の現状はどうなのか?
その本当にところを紹介していこうと思います。

現在不動産関係の仕事をしていて資格取得に迫られた人以外は、 このサイトを全て読んでから宅建の受験を決めて下さい。

多分、これから宅建を受験しようとしている方は、何となく受験してみようと 曖昧な気持ちの方は多いと思います。

しかし、宅建に合格するためには、少なくても4ヶ月以上は、 自分の大切な時間を犠牲にして学習しなければいけないので、 きちんと宅建を理解して受験しなければ時間の無駄になります。

ですから、安易に受験すると決めないで、まずはこのサイトで 宅建のことを深く理解して下さい。
そうすれば、目的が明確になり、挫折なく学習を続けられますし、 試験に合格した後も効果的に資格を活用出来ます。


>>有利な就職・転職のために
>>宅建を勉強するなら、通信講座のフォーサイト